あなたにもっとも適した転職情報の見極め方お教えします。

>

ベストな転職のために!転職情報のツボをすべてお教えします。

転職先企業の安定性を見極めましょう。

せっかくの転職先、長く勤めるためには、その会社が安定しているかどうかが重要になります。

あなたが特に魅力を覚えて、リスクを承知であえて小規模なベンチャー企業を志望するのでない限り、やはり長い歴史や一定の規模をもち、多少のことでは経営が揺るがない会社を選ぶほうがいいでしょう。
そのために注目すべき点は、まず会社の設立年数や資本金、年商、近年の経営状態、またその業界における会社の評価などです。

求人情報で気になる企業を見つけたら、インターネットで第三者による情報を調べてみるのもいいでしょう。
信頼性の低い掲示板などの情報より、日報や業界紙、経済新聞の記事など、信用できる情報元を複数確認して、確実な情報から考えることをお勧めします。

社風や職場の雰囲気が自分に合うか?

その会社に勤める上で、社風も重要です。
人がひとりひとり違うように、会社にもそれぞれの社風があります。

会社が掲げる経営理念をはじめ、経営方針として、伝統的で堅実な経営を重視するか、常に新しい試みに挑戦し続けるか。
また人材育成のための資格取得や研修が充実しているか。
従業員数や社員の年齢構成、職場がアットホームかビジネスライクかといった点も、自分が働きやすい職場を見極めるためには大切な要素です。

もうひとつの注目点は、会社が人材を募集する理由です。
その背景には、従来の事業を拡大したい、新たな事業を開拓したいなど、その会社が今後目指す方向が現れています。

あなたが仕事に求めるものと、社風とのマッチングを考えて会社を選びましょう。
社風や方向性と、自分の目標との一致は、エントリーシートや面接での自己アピールの材料にもなります。


この記事をシェアする

トップへもどる