あなたにもっとも適した転職情報の見極め方お教えします。

>

それでも転職に迷うときは、自分自身の条件を見直しましょう。

それでも希望の会社が見つからないときは?

ここまでのポイントをすべて考慮しても、これといった求人情報が見えてこない場合、あなた自身が自分のキャリアやスキルを客観的に把握できていないことが考えられます。
まずいままでの自身のキャリアを見つめ直し、自分の実績やスキルを整理してみましょう。

その上で、いまの自分の能力を生かせて、やりたい仕事を考えてみるのです。
現在の能力だけでなく、数年後から十年以上先に、自分がどうなっていたいかも考えてみましょう。

転職の目的を明確に持つことで、自分に向いた求人情報も自然と絞り込めてきます。
企業側も、転職してくる人材には即戦力を求めていることが多いものです。
自分の能力と目標を明確にしておくことで、転職が成功する確率もより高まるでしょう。

意外と重要!通勤が負担にならないか?

軽視されがちでいて、意外と重要なのが会社の立地です。

休日以外は毎日通勤することになる会社ですから、一日の一定時間を必ず通勤に費やすことになります。
帰宅を含めて二倍の時間になりますから、自宅と会社まであまりに距離があると、日常生活に必要な時間が削られ、生活が乱れる元になります。

また入社すれば、ときに残業の必要も出ます。
会社側にとっても、採用してもきちんと通える距離か、会社側の交通費負担などは採用基準のひとつになります。
通勤時間は、せいぜい片道一時間強がお勧めです。

もし一人暮らしであれば、通いやすい場所に引越しを考えるのもいいでしょう。
志望する会社が決まれば、あらかじめ具体的な引越しの計画を立てておき、面接の際にその旨を伝えるといいでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる